デジタルパーマとコールドパーマ


昨日のブログ(クリック)

昨日書いたデジタルパーマの事で なんですかあのコードは? とか 普通のパーマ(コールドパーマ)となにが違うんですか?とかの質問があったので書きます!!
まず 普通のパーマの行程は
1、ロットで巻く
2、巻き終わったら結合を切る1液を付ける
3、チェックしてOKだったら一度 ロットを付けたままシャンプー台で死ぬ程流す
4、クリープがいるなら放置
5、2液(1液で切った結合を再結合する薬)を付ける
6、タイムが来て流したら 完成
っま こんな感じ!!
ロットを付けたままシャンプー台で死ぬほど流すって上記の3の行程で書きましたが これが本当に大事!  よくスポイドみたいなのでチョロチョロって付けて そのまま2液付ける人いますが そんなんじゃ 1液が残り過ぎてかなりマズイ!!っま死ぬ程流すって書きましたが 実際死にません!笑 ってか実際1液を綺麗に全部は流れません!笑 しかし この行程をいれるかいれないかにより  ダメージは かなり違います!!
っま仕上げに 皮膜 貼られたら その時は気づきませんが一週間前後で確実に 違いがでます!

今度分かりやすい 実験して ブログで紹介します!
っあ また話しがそれた!爆
っでデジタルパーマの行程は
1、パーマのかけたい所にだけ 結合を切る1液をつける
2、チェックしてOKだったら一度 流す
3、専用のコードが付けれるロットで巻く
4、専用のロットにコードをつけて 温度と時間をセットし放置
5、タイムがきたらチェックしてOKなら一度冷風で冷やす
6、2液(1液で切った結合を再結合させる薬)を付ける
7、タイムが来て流したら終わり
行程的にはこんな感じですかね!実際はもっと細かかったり ちょっと変える所もありますが これが基本です!!
っで 仕上がりの違いは 
普通のパーマは 濡れてる時と乾いた時の ウエーブの差が結構でる!!(濡れてると ウエーブorカールはあるが 乾かしていくと か
ウエーブorカールが無くなっていく感じ)
デジタルパーマは濡れてる時と乾いた時の ウエーブの差が少ない!(乾かしていっても ウエーブorカールが無くなっていきにくい)
もっと 違いはあるが昨日のブログ(クリック)←これに出てくるお客様の感じから 普通のパーマよりデジタルパーマ」の方が家でのお手入れも楽そうだし!!!デジタルパーマの特徴の一つの濡れてる時と乾いた時のウエーブの差があまり出ない方がいいと 思いデジタルパーマにしたんです!!
普通のパーマにもメリット デメリットがあるように デジタルパーマにも メリット デメリットがあるので 必ずしもデジタルパーマがいいって訳 じゃないんで 勘違いしないでね!笑
スタイルや お手入れ とかにより 変わりますので!!!!
あと デジタルパーマと普通のパーマはどっちが痛みます??って質問もよくあります!これはまた書きます!ヒントは死ぬ程流す事と熱ですかね!?
っあ 昨日のブログ乾かしたあとの写真無かったから 濡れてる時と 乾いたときのウエーブの差が分かる訳ないっすね!汗
すんませんが 許して!笑
また 書きますので!爆
じゃ
ヘアーズフーシャン八雲台店
0852-32-7706
デジタルパーマ コールドパーマ クリープパーマ 



コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

ブログ投稿日
2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031