カットとパーマの関係性 2


こんばんは!
うたた寝していて 投稿おくれちゃいました!笑
っで 今日は この前の続きを 書きます!!
っで これが前回の記事!!
見てない方は 見て下さい!!
カットとパーマの関係性 1      クリック
まず 髪の毛の長さを一緒な長さに そろえた毛束を用意します!!

そうそう!長さは 一緒だけど 髪の毛の量が違いますね!!
向かって右がスカスカに量を減らしてあって 真ん中が一番重く 左が少し量を取って適量に調整してあります!!
そんで 同じロット(巻くやつ)で巻き巻きして そこの辺にあった 薬を付けます!笑

っで 適当に同じ時間を置き 流します!
後は 省略!笑
そんで 完成!!
濡れている状態がこんな感じ!!

カールのでかたを 見て下さい!!
っで 乾かすと こんな感じ!

向かって左の 量がスカスカな毛束は カールが一番出てますが 写真では解りにくいかもですがパサつきが一番あり まとまりにくく 束感がないですね!
真ん中は カールが一番ダレているってか 伸びている感じですね!まとまりというか 束間はあります!!
向かって左の適量に調整された毛束は カール感も束間もちゃんと残ってますね!!
おさらい!
これが

こうですよ!

ベースの髪の毛の量が違うだけで ロットの大きさや 薬の強さや 放置時間は 同じなのに カールのでかたは ここまで 違うんですよ!!
この実験では 一束の一本だけ巻いたのですが これが本当のスタイルなら 何本も巻き巻きするから 違いがもっと出ますね!!
この実験でも解るように カットって 大事なんですよ!!
次回は  また続編を書けたら書きますので!笑
じゃ



コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

ブログ投稿日
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31